エンタメのきらめき

エンタメをこよなく愛する私がドラマ・漫画のオススメを紹介しています。

【ほのぼの系おすすめ漫画8選】気軽に読めてクスっと笑える漫画まとめ

ほのぼの系の漫画って、ぽっかり空いた時間を埋めるのに最適ですよね。「続きが気になって眠れない!」「気づいたら徹夜で読みふけってしまった・・・」ということも無いですし、気軽にサクッと読むことができちゃうのが魅力です。

 

本記事では、ほのぼのとした空気感を持ちながら、クスっと笑える漫画をご紹介します。漫画を読むだけでお手軽に元気をチャージできるので、空いた時間にぜひトライしてみてください。

 

スパイと殺し屋の結婚生活!?娘はエスパー!?|SPY×FAMILY(スパイファミリー)

 

SPY×FAMILY 著者:遠藤達哉

 

凄腕スパイの黄昏(たそがれ)が、任務のために偽装家族を持つお話です。彼が家族として迎えた娘は実はエスパー、妻は凄腕の殺し屋でした。互いの素性については隠したまま、仮の家族生活を営む様子を描いています。

 

このマンガは2019年3月に連載開始されたのですが、ドシドシと賞を獲得している成長株です。「2020年このマンガがすごい!」オトコ編1位、「2020年書店員が選んだオススメコミック」第1位、「2020年このマンガを読め!」5位、「2020年マンガ大賞」2位、「次に来るマンガ大賞2019」webマンガ部門1位・・・という輝かしい受賞歴。

 

それもそのハズ、『SPY×FAMILY(スパイファミリー)』は万人受けする面白さ・読みやすさを持っているのです。

 

一見、「え、サスペンス!?」と思わせるようなエグめの設定ですが、意外とほんわかコメディ漫画です。スパイ・殺し屋・エスパーというシリアスな世界と、家族愛・恋愛・友情などのほんわか要素が組み合わさって、コメディ漫画として成立しています。

 

「黄昏のスパイ任務の遂行」を軸にエピソードが展開されていくので、コメディ要素に笑ったり、ほのぼのエピソードに癒されたりしながらも、軸となる物語も楽しむことができます。気負わずに楽しむことができる漫画なので、息抜きにオススメです。

【無料で試し読みをしてみる】SPY×FAMILY

 

yuruyuru-entertainment.hatenablog.jp

 

 

神様が生物のデザインを下請けに委託!?|天地創造デザイン部

 

神様から生物デザインの委託を請け負う「天地創造社」が、デザインを考案する様子を描いたコメディです。「この生物のデザインってどうやって生まれたんだろう?」という問いに着目した設定の斬新さが面白みです。2020年にアニメ化が決定されています。

 

個性的なデザイナー達が、神様(クライアント)の要望に対してデザインを考案していくお話なのですが、デザイン会議の様子がとにかく面白いのです。見た目的なデザインのみではなく、機能性も考慮してあれこれ議論していくので、「あぁ、なるほどな」と思わされることも多いです。(デザインが採用されるまでには、考案したデザインが機能するか、技術部で試作品を作ってトライ&エラーを繰り返します。)

 

各デザイナーに「代表作」と呼ばれるような作品(馬とか蛇とか)があったりするのも斬新な発想ですよね。また、「そんな動物いるんだ!」という新たな発見の面白みもあります。

 

弱小ドラゴンが家を買う物語|ドラゴン、家を買う。

 

 

RPG世界のドラゴンが、憧れのマイホームを追い求める漫画です。「全国書店員が選んだおすすめコミック2018」に選定され、2020年にはアニメ化が決定された成長株です。

 

この漫画の魅力は、主人公のレティがドラゴンらしくないところです。通常、ドラゴンは「強敵」というイメージがあるのですが、レティは気弱でちょっと天然で、とにかく可愛らしいのです。お化けを怖がり、空を飛べないドラゴンって、なんだか親近感が湧きますよね。

 

弱小が災いし、レティが親に家を追い出されてしまったところから物語は始まり、彼はマイホームを手に入れるべく旅立つのです。レティが家を探す様子は、日テレの人気番組「ボンビーガール」さながらで、田舎から出てきた女の子が東京で物件を探す企画を見ているような気持ちになります。

 

RPGの世界を魔物側から見るとこんな感じなのかなーという感覚も新鮮で楽しめます。ドラゴンにとっての家はダンジョンである、という発想も面白いですよね。絵が綺麗なところも高ポイントです。(エルフのディアリア、めっちゃイケメンです)

【無料で試し読みしてみる】ドラゴン、家を買う。

 

ブッダとイエスが立川で同居生活|聖☆おにいさん

 

 

ブッダ×イエスという聖人2人の日常を描いたコメディ漫画です。宝島社「このマンガがすごい! 2009」オトコ編1位、および「手塚治虫文化賞短編賞」を受賞し、劇場アニメ、ドラマ化もされている超人気作です。

 

ブッダとイエスの共同生活」と聞いただけで笑えてきませんか?それも立川で。その設定だけで“勝ち”な気がしますが、ブッダとイエスのゆる~いやりとりがまたイイんですよね。彼らは聖人なので宗教ネタもふんだんに盛り込まれているのですが、「あのときキミ大変だったよね~」みたいなユルさでサラッとギャグ仕立てにしてあるので笑えます。

 

そう、この2人は聖人でありながら、下界の下町に溶け込み切っているのです。Tシャツ×ジーンズというラフな格好で。節約志向で、漫画が大好きなブッダと(遂には自分でも描き始める)、浪費家でジョニー・デップに似ていると言われるイエス。(本人も意識している)

 

2人の超庶民的なエンジョイライフは、見守る人々を笑顔にします。(個人的に、表紙の絵も大好きです。)

【無料で試し読みしてみる】聖☆おにいさん

 

あの『鋼の錬金術師」の著者がつづる農業エッセイ漫画|百姓貴族

 

 

大ヒット漫画『鋼の錬金術師』、『銀の匙』の著者:荒川弘さんが描く、農業エッセイです。荒川弘さんのご実家は北海道農家であったそうで、荒川さん自身も漫画家になる前に7年間農業に従事していたそうです。実体験をもとにした、農業コバナシが満載です。『銀の匙』の原点を見るようで、嬉しい気持ちになります。(『銀の匙』のファンの方は必読です!)

 

年中無休の農業はかなりハードなのですが、コメディ調なので楽しく見れます。今まで知らなかった農業のことが知れる、という意味での楽しさもあります。

 

個人的には、荒川さんのお父様がツボでした。彼は、ノブコブ吉村も真っ青なほど破天荒でタフな男なんです。マイナス10~20度という極寒を誇る真冬の北海道に、パンツ一丁で子牛の出産に立ち会ったり、ダンプカーで排水路に落下して内蔵が破裂しても笑っていたりと、まぁたくさんの伝説を持っている方なのです。彼の武勇伝を見ていると、小さいことなどどーでもよくなってきますよ。

【無料で試し読みしてみる】百姓貴族

 

脱力系「おこだわり」レポ漫画|その「おこだわり」、俺にもくれよ!!

 

 

壇蜜さんとの結婚で話題となった清野とおるさんによる、人々の「おこだわり」を紹介する漫画です。毎回、「おこだわり人(びと)」にインタビューし、「おこだわり」っぷりをレポートし、最後には清野さん自身もその「おこだわり」にトライしてみる・・・というエッセイ風の漫画なのです。

 

ゆる~っとした独自の雰囲気が特徴で、テレ東の深夜ドラマっぽいなと思っていたら、2016年にテレ東深夜枠で、この漫画を原作としたドラマ、『その「おこだわり」、私にもくれよ!!』が放映されていたそうです。

 

「おこだわり」とは何ぞや?と思った方も多いのではないでしょうか。「おこだわり」とは、「こだわり:(意味)ひとつのことについて強く思い入れたり、執着したりすること。特別の思い入れ」のことなのですが、いわば「独自の趣味」です。

 

「おこだわり」の内容は、日常の些細なことで、言ってしまえばくだらないのですが、なぜか紹介される「おこだわり」を試したくて仕方がなくなるところが魅力です。他人の「おこだわり」ってこんなに面白いものなのかと思わされます。毎回パターン化された展開なのですが、全然楽しめちゃいます。聞き手役である清野さんの、合いの手の描写が絶妙で笑えるんですよね。(聞き上手のコツが学べるかも)

【無料で試し読みしてみる】その「おこだわり」、俺にもくれよ!!

 

トンデモオーナーと愉快な仲間たちの物語|Heaven?

 

2019年に石原さとみ主演でドラマ化された、あるレストランを舞台とするコメディ漫画です。『動物のお医者さん』で有名な佐々木倫子さんが著者です。

 

レストランオーナー黒須仮名子(くろすかなこ)と、従業員たちが巻き起こすドタバタ劇がこの漫画の見どころです。トンデモオーナー黒須仮名子の暴れっぷりを楽しむ漫画と言っても過言ではないでしょう。

 

自己中・奔放・負けず嫌いで、他人をぶんぶん振り回すオーナーと、振り回されまくる仲間たち・・。そんな彼らを見ていると、クスクス笑えてきます。(時々オーナーにイラっとしますけど)

【無料で試し読みしてみる】Heaven?

 

 【1巻完結型】オチにビックリ!1話完結型かと思いきや|外天楼

1話完結型の短編集かと思いきや、オチにかなりビックリする漫画です。読んだ後は、「スゲーもん読んだな・・」っていう気分になります。(多分人に勧めたくなります)

 

最初はシュールなコメディ調なので、「ツボが合わない」と離脱したくなってしまう方もいるかと思いますが、絶対に最後まで読んでみてください。途中でやめるなんて、本当にもったいないことですよ。

 

はじめはコメディ調だった本作は、ある時点で印象を変えていきます。終着点はどこなのか・・・それは読んでみてのお楽しみです。

【無料で試し読みしてみる】外天楼

 

この漫画を読むと、「この作者スゲー!」という気になって他の作品も気になるようになると思います。そんな方にオススメするのは、『天国大魔境』です。こちらも最高なので、是非よんでみてください。

↓(参考までに『天国大魔境』のあらすじ・レビューを貼っときます)

yuruyuru-entertainment.hatenablog.jp

 

 

yuruyuru-entertainment.hatenablog.jp

 

yuruyuru-entertainment.hatenablog.jp

 

 

// jQuery読み込み // 目次 表示/非表示ボタン